【百津屋の畑】ダイコンの種まき | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

トピック 野菜作りの関連記事

【百津屋の畑】ダイコンの種まき

投稿日:

畑の下ごしらえ

種まきをする2週間前「ヒューライム」「タキアーゼ・S」「綜合ミネラル宝素」を散布して良く耕運します。

その1週間後「セルホス」「コーボしき島9号」を散布して耕運・うね立てを行います。

[2020-09-01] (12)

ダイコンは基本的に根の部分を食べる”根菜”です。根が伸びていく途中に土の塊や石、肥料分の強い部分などの障害物があると、そこから曲がったり二股になったりしてしまいます。それを避けるためにできるだけ深く、細かく、柔らかい土にしておくことがポイントです。石などは見つけ次第取り除いておきましょう。

ダイコンの種まき

9月1日に種まきをしました。

品種は「千都」寒さに強く、葉や青首部の傷みが少なく作りやすい品種”です。

[2020-09-01] (4)

①”条まき”をするために、幅40㎝のうねの中央にイボ竹ですじをつけます。

[2020-09-01] (9)

②”10㎝間隔”で1粒ずつ種をまいていきます。

[2020-09-01] (6)re

③覆土をして最後に散水をしたら終了です。

[2020-09-01] (3)

ダイコンはアブラナ科の野菜で、春・夏・秋冬と各季節で収穫ができる品種があります。(冷涼な気候で作る”秋冬どり”が一般的です)

栽培自体はそこまで難しくはなく、土つくり(耕運)がポイントとなります。

daikon01

大根おろし、たくあん、おでん等々、生食から加熱食までダイコンの調理の幅はとても広く重宝します。

特に冬どりのダイコンは甘みが増してとても美味しいです。

太く、長く育ったダイコンの収穫が今から楽しみです。

百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!
  • 【百津屋の畑】タマネギ苗の移植
  • 【百津屋の畑】畑の経過報告
  • 【百津屋の畑】白菜の定植と玉ねぎの種まき
  • 【百津屋の畑】ダイコンの発芽とラッカセイ
  • 【百津屋の畑】落花生・冬ネギの経過と白菜の種まき
  • 【百津屋の畑】野菜の経過報告③
  • -トピック, 野菜作りの関連記事
    -, , , , , , ,

    お電話はこちらから

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.