イチオシ!!綜合ミネラル宝素の成分や使い方を詳しく説明します!! | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

イチオシ!!綜合ミネラル宝素の成分や使い方を詳しく説明します!!

ミネラル宝素
百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!

綜合ミネラル宝素とは?

綜合ミネラル宝素は天然特殊微量要素の土壌改良資材です。
・・・と言われても、難しいですよね。

つまり、原料が天然鉱物の安心してお使いいただける資材です。

「畑作」「稲作」どちらでも簡単にお使いいただけます。

一般的な肥料(窒素・リン酸・カリウムの配合)だけでは失われがちな栄養素(ケイ酸や微量要素など)をタップリ含んでいるから、土を元気に若返らせ、作物を丈夫に、おいしく育ててくれるのが特長です。

農業経営の基本は土作りですが、綜合ミネラル宝素はまさに最適であり、経済効果の高い資材です!

ケイ酸の配合量は綜合ミネラル宝素の大きな特徴です。ケイ酸の詳しい効果については下記ページを参考ください。

綜合ミネラル宝素はこんな場合におススメです!

・連作障害に悩んでいる

・土作りにこだわりたい

・今よりも収穫量を増やしたい

・作物の質をあげたい

・何をしたらいいのかわからない

綜合ミネラル宝素の効果!

・有益な微生物の増殖を著しく促進し、ミネラルバランスの良い土壌環境になります。

・根活性が良くなるので多収、高品質が期待できます。

・温石と言われる原料で地温を高め、寒冷地の雪消し効果も確認されています。

・ケイ酸の吸収が良く、節間の徒長を抑え作柄を安定させます。

・品質劣化のスピードが遅くなります。

・稔実歩合を高め、食味がよくなります。

・連用する事により効果は一層高まります。

特徴に関してもっと詳しく知りたい方は下記のページもご覧ください!

商品詳細

綜合ミネラル宝素は<粉><粒状>タイプがあります。

効果の違いや、作物による違いはありません。用途によってお好みの形状をお選びください。

<粉>のメリット

粒状よりも溶けるのが早く、散布した所が白くなるのでどこに撒いたかすぐにわかります。

<粒状>のメリット

粉状よりも撒きやすく、機械での散布にも向いています。

<主な原料>石墨片岩を母岩とした断層粘土の集合体

<荷姿>20㎏ポリ袋

<種別 形状>粉状・粒状(1.2~2.5mm)

<その他>特許第1630459号

成分分析例 (%)

有機JAS適合資材>

成分%
ケイ酸60.16
イライトクロライト18.45
酸化鉄5.55
カリウム3.36
苦土2.17
石灰2.68
チタン0.72
リン酸0.70
マンガン0.22
ほう酸0.02
その他微量
水分3.4
PH(H2O)%
粉状7.4
粒状7.0

※酸度矯正なし

百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!

代表的な使い方例

綜合ミネラル宝素を水稲・野菜・果樹・培養土別に代表的な4つシーンでの使い方を、ポイントを押さえてご紹介します!

1 水稲

目的別の2つの使い方があります。

<地力向上>と<良品多収>を目指して使いましょう!

【目的】

地力向上

【時期】

 と 

元肥として使用。

ケイ酸の補給と土作りを目的として。

【量】

1反あたり60Kg

これでバッチリ地力の向上につながります!

【目的】

良品多収

【時期】

出穂30日前 と 穂ぞろい期

実肥として使用。

※実肥(みのりごえ):植物の開花・結実などをよくする肥料

【量】

1反あたり20Kg

作物の質をグンとあげて、豊作へ!

2 野菜

みなさん共通のお悩みは実はこれで解決できます!

【目的】

・連作障害軽減

・生育旺盛

・味/日持ち向上

【時期】

元肥として使用。

ケイ酸の補給と土作りを目的として。

【量】

1畝(30坪・100㎡)あたり10Kg

3 果樹

【目的】

・連作障害軽減

・生育旺盛

・味/日持ち向上

【時期】

(土作り) と 開花期(玉肥) と 収穫後(お礼肥)

※玉肥(たまごえ):肥料を練って玉状に固めた緩効性有機肥料。植物の開花・結実などをよくする

※お礼肥(おれいごえ):樹木が花を咲かせた後や果実を収穫した後に、樹勢を回復させるために与える肥料

【量】

1畝(30坪・100㎡)あたり20Kg

4 培養土

【目的】

健苗作り

【時期】

種まき前、苗移植前

【量】

培養土の量に対して1割混入

【目的】

老朽化した土の復活

【時期】

種まき前、苗移植前

【量】

培養土の量に対して2割混入

ご購入の方法

新潟県内で「綜合ミネラル宝素」特約取扱店は当店のみ

この商品の特約取扱いは、新潟県内では当店のみです!(2019.1現在)

現在は新潟県のお客さまを中心にお取引をしておりますが、県外の方もまずはご相談ください!

詳しくご状況を伺ってから商品を販売させていただきます。(※通販は行っておりません。)

お問い合わせ

百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!

TEL   0250−62−2232

FAX    0250-25-7290

MAIL   momozuya.suibara@gmail.com

  • 【百津屋の畑】畑の経過報告
  • (稲作)[2020年] 今年の米の出来を見て
  • 【百津屋の畑】白菜の定植と玉ねぎの種まき
  • 【稲作】長雨の時の肥料選び
  • 【稲作】[コシヒカリ] 穂肥診断をしましょう
  • 【百津屋の畑】野菜の経過報告②
  • 更新日:

    お電話はこちらから

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.