「く溶性」の意味 - 有限会社 百津屋商店

「く溶性」の意味

く溶性とは

肥料の成分表示には、「水溶性」「可溶性」「く溶性」など様々な用語が記載されています。
これらの用語は、肥料成分が溶けだす条件を表しています。

「く溶性」は、2%のクエン酸溶液に溶ける成分の割合を表します。
植物は、根から根酸という有機酸を分泌し、これらの肥料を溶かして無機イオンに変えながら吸収1します。
水溶性や可溶性よりも溶けるのが遅いため、ゆっくりと長期間にわたって養分を供給できるという特徴があります。

「く溶性」成分は、ゆっくりと効果が表れるため、焦らずに長期的な視点で施肥することが大切です。
即効性を求める場合は、水溶性成分の高い肥料を使用するのがおすすめです。

く溶性と水溶性の特性を理解し上手に活用して、豊作を目指しましょう。

実際には、肥料の施肥方法は、製品の説明書をよく読んで正しく行ってください。

  1. 参考文献:イラスト基本からわかる土と肥料の作り方・使い方 ↩︎
  • 「ぼかし肥料」の意味
  • 「べんとう肥」の意味
  • 「春起こし」の意味
  • 「生長点」の意味
  • 「畦ぬり」の意味
  • 「葉齢」の意味

  • 投稿日:

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.