【畑作】じゃがいもの植え方 ~元肥・石灰・草木灰~ - 有限会社 百津屋商店

トピック 野菜作りの関連記事

【畑作】じゃがいもの植え方 ~元肥・石灰・草木灰~

更新日:

3月も半ばを迎え いよいよ春の訪れです。

春先に植える「じゃがいも」 皆さんはどのように準備をして植えていますか?

potato01

じゃがいもの元肥

[1a当り]

タキアーゼS20㎏
綜合ミネラル宝素10㎏
セルホス10㎏
コーボしき島9号20㎏

上記を元肥として散布し、耕運します。

石灰肥料は必要か??

ここでお気づきでしょうか?

ほとんどの作物でやっている「石灰」をやっていません。

百津屋では土壌pHがアルカリに寄ることが「そうか病」を助長すると考え、前作の残りの石灰分で十分だと指導しています。

しかし、まったく石灰分がない状態ではじゃがいもの「ホクホク感」が出ません。

そこでじゃがいもに石灰分を補給する際におススメするのが

カルミタスです!!

草木灰はもういらない じゃがいも植え付けの知恵!

さて、多くの方が種芋を2つまたは3つに切り分けて植えると思いますが、

植え付けの際、切り口に薬剤や草木灰などをつけてから植えていませんか?

そもそも植える直前に切り分けていませんか?

ジャガイモ断面

昔からじゃがいもは切り口に灰を付けて植えると病気や腐敗が出づらいといわれています。

生傷を病原菌の住まう土の中にさらせばどうしてもそこから病気がつきやすくなりますし、腐りの原因にもなります。

そこで灰を付けることでコーティングするわけです。

ならば生傷のまま植えなければ良いのではないでしょうか?

切り口が良く乾いた、いわゆる「カサブタ」状態にしておけば、前述したような心配は大きく軽減できます。

1週間前でも2週間前でも時間に余裕があるときに切っておき、0度以下にならない所でしっかりと乾かしておけば、定植の際にはそのまま使うことができるでしょう。

   

著者情報

和田 浩一
       

和田 浩一

       

2005年に入社し、施肥技術指導員、一般毒劇物取扱者の資格を取得。
お客様の田んぼや畑でのお悩みを聞き取り、わかりやすい指導を心がけています。 ホームページにて農家の皆さんのお役に立てる情報記事を発信中。

趣味で事務所に展示しているメダカ・熱帯魚水槽にはお客様から「癒される」とお褒めいただいています。

  • 【畑作】葉っぱで見分ける野菜の苗
  • 冬越し野菜~春の追肥のタイミングは良く考えて~
  • 【稲作】稲刈り後、秋にしておくと良い4つの作業
  • 銀河エース|無理なく効く有機質肥料
  • 「じゃがりこ」の収穫?
  • 「じゃがりこ」の生長、そして

  • -トピック, 野菜作りの関連記事
    -, , , , ,

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.