【百津屋の畑】野菜苗の移植のやり方(元肥や支柱の立て方も紹介) | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

トピック 野菜作りの関連記事

【百津屋の畑】野菜苗の移植のやり方(元肥や支柱の立て方も紹介)

更新日:

野菜苗 (7)リサイズ

5月の連休明けに夏野菜のナス・キュウリ・トマトの苗の移植をしてきました。

今回は元肥や支柱の組み方もあわせてその手順やすぐに実践できるコツもお伝えします。

移植前の準備

元肥とうね立て

準備としてナス・キュウリ・トマトの畑に「ミネラル宝素」「タキアーゼ・S」「プロボカシ」を施肥して耕運します。

10日後に「コーボしき島9号」「ダイアジノン(殺虫剤)をまいて耕運・うね立てを行っています。

支柱の組み立て

植えた苗が伸びていくと自分の重さや風にあおられて折れてしまうことがあります。

支柱を立てて苗を結ぶことでまっすぐ伸びていく助けになります。

支柱の高さや間隔などは植え付ける作物によってかわってきますが、支柱そのものが倒れてしまわないようにしっかりと組みましょう。

『支柱の組み方』

①植穴(予定地)から奥へ5㎝くらい離して支柱を立てていく

②補強のために横に棒を結びつける

sityu03

その際に通常はヒモなどで結びますが

sityu04

専用の固定具を使うと簡単で頑丈に固定できます。ホームセンターなどで手に入ると思います。

③さらに補強するために、斜めに棒を立てて結ぶ

sityu05

斜めの補強はうねの長さに合わせて数を増減させてください。

[完成形]

sityu01sityu02

ナスは高さ120㎝の30㎝間隔、キュウリとトマトは高さ180㎝の40㎝間隔で支柱を立てました。

苗の植え付け

①植穴を開ける

苗を植える穴をあけていきます。

穴の大きさや深さは苗のポットに合わせます。深植えにならないように気を付けましょう。

ueana01

②水を入れる

苗を植えた後に乾燥しすぎないように植穴に水を入れて浸み込ませておきます。

ueana02

水の量は適当なんですが、この時は500mlくらいずつだったと思います。

③苗を入れる

あらかじめ植穴の近くにポットを置いていくと流れで作業がしやすいです。

isyoku01

苗をポットから取り出す際に、葉の下のほうに出ている不要な脇芽を除去しておきます。

559re

isyoku03

苗の取り出し方にコツがあります。

人差し指中指で茎を挟んで取り出すと、人差し指と親指に比べて茎への負担が軽減されます。

isyoku04

isyoku05

isyoku06

苗を入れたら土を寄せて覆土します。

isyoku07

[薬剤使用の注意点]

殺虫剤を「良く効くだろう」と苗の真下にまいてから植える方がいらっしゃいますが、根の障害になりやすいのでやめましょう。

苗を入れた後に、寄せる土に混ざるようにして散布すると効果的です。

④支柱に縛る

苗になるべく負担がかからないように支柱に縛り付けます。

1.茎にヒモを回す

572re

2.3回くらいヒモをひねる

573re

3.支柱に縛る

IMG_7007re

このように縛ると茎のほうには若干の余裕が生まれて負担が少なくなります。

支柱のほうは上下にズレないようにしっかりと縛りましょう。

苗の成長に合わせて随時縛る個所を増やしていきます。

⑤散水する(完了)

最後に上からたっぷり散水して作業完了です。

595re

百津屋代表

百津屋商店 代表:和田 一男

新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!
  • 【稲作】実肥で稲を仕上げよう
  • 【百津屋の畑】エダマメを甘くする肥料
  • 【百津屋の畑】野菜の経過報告(「タマネギ」と「ジャガイモ」の収穫)
  • 【百津屋の畑】エダマメの移植のやり方
  • 【百津屋の畑】野菜の経過報告(タマネギ・ジャガイモ・ナス・キュウリ・トマト)
  • 【稲作】令和3年の苗つくりを振り返る

  • -トピック, 野菜作りの関連記事
    -, , , , , , , , ,

    お電話はこちらから

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.