【百津屋の畑】野菜の種まきや苗の移植 | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

トピック 野菜作りの関連記事

【百津屋の畑】野菜の種まきや苗の移植

更新日:

野菜苗 (7)リサイズ

5月に入り野菜苗が出回る時期となりました。百津屋も受注分の野菜苗の配達を行いました。お客様も配達されるのを心待ちにしていたようで、”忙しくなる”と言いながらも楽しそうな顔をしていらっしゃいました。

百津屋の畑でも種まきや苗の移植をしてきましたので、その内容をつらつらと紹介していきます。

種まき編

5月の初旬に種まきをしました。品目は、

ニンジン [ひとみ五寸人参]

ニンジン(ひとみ五寸)(種まき) [2020-05-03]

カブ [ニューサラダかぶ]

カブ(ニューサラダカブ)(種まき) [2020-05-03] (2)

ホウレンソウ [ブライトン]

ホウレンソウ(種まき) [2020-05-03] (2)

ダイコン [千都]

ダイコン(千都)(種まき) [2020-05-03] (1)

すべて溝を作って”すじまき”をしました。

”元肥”として4月の中旬に、「ヒューライム」「ミネラル宝素」「コーボしき島9号」を散布して耕運してあります。

種まき後にジョーロでたっぷりと水をかけて終了です。

種まき後10日ほどたった写真(↓)ではしっかり発芽してくれています。

カブとほうれん草5月12日 (9)ダイコン(発芽) [2020-05-12]4月に種をまいた「ネギ」も順調に生育しています。

冬ネギ [2020-04-30] (6)リサイズ

野菜苗の移植編

5月の中旬に野菜苗の移植を行いました。

背が高くなっていく野菜は、イボ竹で棚を組んで苗をヒモで結びつけていきます。

イボ竹の棚

移植した品目は、

ナス [美男・丸ナス]

ナス(移植)[2020-05-12] (1)

キュウリ

キュウリ(移植) [2020-05-12] (3)

カボチャ

カボチャ(移植) [2020-05-12] (1)

ピーマン・シシトウ・辛ナンバン

どれも同じような葉っぱで見分けがつかないですよね…

(移植) [2020-05-12]

トマト [桃太郎・フルーツ]

トマト(桃太郎・フルーツ)(移植) [2020-05-12] (2)

エダマメ [初だるま]

4月に種をまいて苗起こしをしていたものです

初だるま(移植) [2020-05-15] (5)

初だるま(移植) [2020-05-15] (3)

こちらも種まきの時と同様の”元肥”が入っています。

豆知識

トマトの写真(↑)で苗のまわりに白い粒がまいてあるのですが、これは”根から吸わせるタイプ”の殺虫剤です。

まき方にコツがありまして、植穴に薬を入れてから苗を置くのではなく、苗を置いてから”まわりの土に混ざるように散布する”ようにします。植穴をほった土に混ぜてそれを戻すのが簡単ですね。

植穴散布

苗の真下にあるほうがよく効くだろうと思いがちですが、根に直接触れさせる散布の仕方は薬害のもとになったり発根の障害になってしまいます。

作物は新しく伸びた根の先からのみ吸収することができます。だからまわりの土に成分があることですぐに食いつくことができるのです。これは薬剤だけでなく肥料の散布の仕方にも当てはまります。追肥などの時は根が伸びる先をめがけて散布するようにしましょう。

百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!
  • 【百津屋の畑】タマネギ苗の移植
  • 【百津屋の畑】畑の経過報告
  • (稲作)[2020年] 今年の米の出来を見て
  • 【百津屋の畑】白菜の定植と玉ねぎの種まき
  • 【百津屋の畑】ダイコンの発芽とラッカセイ
  • 【百津屋の畑】ダイコンの種まき
  • -トピック, 野菜作りの関連記事
    -, , , , , , , , , , , , ,

    お電話はこちらから

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.