ご利用は計画的に!〜連作障害について〜 | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

トピック 野菜作りの関連記事

ご利用は計画的に!〜連作障害について〜

更新日:

連作障害とは

同じ場所に同じ科に属するものを連続して栽培すると、土の中の肥料成分や微生物層に偏りが生じてバランスを崩してしまい、野菜によっては年々生育が悪くなったり、その野菜特有の土壌病害が出たり、有害なセンチュウの密度が高くなったりします。

これが「連作障害」で、野菜つくりをする時には特に気を付けるポイントです。
萎凋病立枯病根コブ病などが代表でしょうか。

これは、私たちが偏食すると体に異常をきたすのとよく似ていますね。

ここで問題です!

 Q.それぞれ何科の野菜でしょう?

  • ナス
  • トマト
  • ピーマン
  • ジャガイモ

   
   

違う野菜を作付したつもりでも連作障害がでてしまうことがあります。
「科」というのが厄介ですね。。。

限られた土地を利用していくうえで、しっかりと輪作プランを計画しておくことが大切です。

救世主はここにいる!

すべての野菜を同じ広さで作付けするわけではないですよね?

「大根は畝5本分、かぼちゃは1本あればいい」など。

必要な広さを確保しようとするとどうしても使う場所が決まってしまうものです。

広大な畑を持っている方ならばさほど問題はないでしょう。

しかしほとんどの方はパズルのように輪作プランに頭を悩ませているものです。

そこでおススメしたいのが

「綜合ミネラル宝素

      ミネラル宝素

詳しい説明は↓のページをご覧ください!

当店イチオシ「綜合ミネラル宝素」のご紹介

百津屋代表
新潟県で40年。
教科書に載っていないようなコツでサポートいたします!
お気軽にお問い合わせください!!
  • 【百津屋の畑】タマネギ苗の移植
  • 【百津屋の畑】白菜の定植と玉ねぎの種まき
  • 【百津屋の畑】ダイコンの発芽とラッカセイ
  • 【百津屋の畑】ダイコンの種まき
  • 【百津屋の畑】落花生・冬ネギの経過と白菜の種まき
  • 【百津屋の畑】野菜の経過報告③
  • -トピック, 野菜作りの関連記事
    -, , , ,

    お電話はこちらから

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.