「ツルボケ」とは - 有限会社 百津屋商店

「ツルボケ」とは

作物の「ツルボケ」とは、農作物が適切に成熟せず、通常よりも茎葉が伸び過ぎたりすることを指します。

これは作物が育つ環境が適切でないために起こります。

たとえば、野菜や果物の場合、窒素が過剰になると、葉や茎が肥大化し、実の成長が遅れたり、実が小さくなったり、味が劣化したりする可能性があります。

窒素肥料のやり過ぎでよく起きますが、日照不足、過剰な水分、栄養不足、病気、害虫の影響なども原因で、作物の品質が落ちる現象です。

<トマトのツルボケ例>

ツルボケが発生すると、トマトの実が十分に赤く熟さず、味も十分に甘くならないことがあります。 通常、トマトは太陽の光をたくさん浴びて熟成しますが、日照不足が続くと光合成がうまく行われず、糖分が十分に蓄積されません。その結果、色や味が標準より劣ることになるのです。

<ツルボケと窒素(チッソ)の関係>

ツルボケの原因の一つに、窒素(チッソ)の過剰な供給が挙げられます。

窒素は植物の成長を促進する重要な栄養素ですが、窒素が過剰に供給されると植物の成長が異常に早まり、特に茎や葉の成長が促進される一方で、花や実の発育が十分に行われなくなることがあります。
これがツルボケの状態です。
ツルボケの状態では、植物は外見上は成長しているように見えますが、実際には実の品質や成熟が十分ではなくなっています。

そのため、窒素肥料を使用する際には適切な量を施用し、カリウムの施肥も調整することが重要です。 窒素の量を適切に管理することで、ツルボケを防ぎ、健全な作物の成長を促すことができます。

このように、作物のツルボケを防ぐためには、適切な栽培管理が非常に重要です。 作物に必要な日照、水分、肥料を適切に与えることで、ツルボケを防ぎ、品質の高い作物を育てることができます。

農業では、作物が最高の状態で成長し、良い収穫を得るために、これらの環境要因を常に注意深く管理することが求められます。

  • 「く溶性」の意味
  • 「ぼかし肥料」の意味
  • 「べんとう肥」の意味
  • 「春起こし」の意味
  • 「生長点」の意味
  • 「畦ぬり」の意味

  • 投稿日:

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.