「追肥(ついひ、おいごえ)」の意味 - 有限会社 百津屋商店

「追肥(ついひ、おいごえ)」の意味

追肥とは

作物の生育期間中に行う追加的な肥料の施用を指します。この施策は、作物が成長する過程で増加する栄養ニーズに応じて実施され、健康な成長と収量の増加を目的としています。

追肥は、作物が最も成長を必要とする時期に栄養を供給するための方法です。特に、根菜類や穀物など、成長期間が長い作物においては、追肥が収穫量と品質の向上に不可欠です。

追肥のタイミング

追肥のタイミングは作物の種類や生育段階によって異なります。一般的には、作物が活発に成長する期間や、花が咲き始める前後が最適な時期とされています。

 

追肥に用いられる肥料は、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)などの成分を含んでいます。作物の種類や土壌の状態に応じて、これらの成分のバランスを調整することが重要です。

  • 「く溶性」の意味
  • 「ぼかし肥料」の意味
  • 【畑作】葉っぱで見分ける野菜の苗
  • 「べんとう肥」の意味
  • 「春起こし」の意味
  • 「生長点」の意味

  • 更新日:

    Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.