田んぼの作り方 | 有限会社 百津屋商店

有限会社 百津屋商店

水稲や畑作のお悩みや土壌改良、施肥設計お任せ下さい!

 0250-62-2232

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

「 田んぼの作り方 」 一覧

[2022] re

トピック 米作りの関連記事

【稲作】[2022] コシヒカリの穂肥

今年(2022)も進んでいます 7月も10日を過ぎ、穂肥診断の時期となりました。 穂肥の診断材料になる「幼穂」が出来始めてから1回目の穂肥のタイミングを見計らうまではあまり時間がなく、その間にお客様の ...

ibuki-IMG_1214re

トピック 米作りの関連記事

【稲作】こしいぶきの圃場を見てきました

今年の稲の状態は? 6月も終わりが近づき、稲作においては「穂肥」の話が聞こえてくる時期になりました。 今年(令和4年)は昨年と同様、田植え後しばらくは生育が停滞気味の天気でした。 6月に入ってから好天 ...

IMG_9075re

トピック 米作りの関連記事

【稲作】お客様が「ベストファーマー」認定を受けました

米・食味分析鑑定コンクール 皆さんは「米・食味分析鑑定コンクール」という名前を聞いたことがありますか? 米・食味分析鑑定コンクールとは、 米・食味鑑定士協会が2000年(平成12年)より行っているお米 ...

IMG_2755

トピック 米作りの関連記事

【稲作】実肥で稲を仕上げよう

コシヒカリの出穂 8月に入り、新潟では次々とコシヒカリの穂が見え始めています。 今年(2021年)は梅雨が短く、日照が多く気温も高めで推移したのが出穂が早まった要因だと思われます。 今見えている穂を作 ...

IMG_6837re

トピック 米作りの関連記事

【稲作】令和3年の苗つくりを振り返る

2021年も自粛気味のゴールデンウィークが明けました。 新潟県阿賀野市では田植えに関しては例年の通り、4月末から5月の連休にかけて行われていました。 植えられる苗を見るに、今年は全体的には伸びすぎず障 ...

お電話はこちらから

Copyright© 有限会社 百津屋商店 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.